不動産売却の専任媒介とは

不動産を売却するとき、通常は仲買業者に依頼して媒介契約をします。この時、複数の業者に依頼する方法を「一般媒介」、1社のみに任せる方法を「専任媒介」といいます。1社に任せた場合のメリットは、他社に抜かれないので、業者の積極的な努力が期待できること、指定流通機構への登録が義務付けられること、依頼者へ状況を報告する義務があることなどです。依頼者は、複数の業者とのやりとりをする必要がありませんので、不動産取引に不慣れな場合には適しているといえます。契約の有効期限は3ヶ月で、更新すると延長することができます。

マンションを売却するには、不動産会社に仲介や買取の相談をすることになると思いますが、契約形態として専属専任媒介と一般媒介がございます。買取を希望する場合はそれなりに価格も低い水準での取引となり、売主の希望とかけ離れるケースもございますので仲介契約を結ぶのが良いかもしれません。専属媒介の場合は不動産会社一社にお任せすることになります。一般媒介では多数と契約でき、それだけ営業の幅が広がるメリットもございますが、専任ですと取引公開が必須になりますし営業の方の心行きも違ってくることも大きなメリットと言えるでしょう。